ラスコー洞窟壁画展を見に行ってきた

世界最古の洞窟壁画…では、なかった

東京上野の国立科学博物館で行われているラスコー洞窟壁画展を見に行きました。
教科書に載っている有名な壁画だったので、勝手に勘違いしていたのですが(あるいは、教科書が発行された時点では正しかったのか)、世界最古というわけではなかったのですね。
ウラン・トリウム年代測定法 (原子の崩壊具合を測定して壁画がいつごろ作られたのかを推測する方法)で測った結果、ラスコー洞窟壁画は今から約2万年前に描かれたものであるとされています(測定法に興味がある方はこちらの論文)。

最初に、感想を述べると、「想像以上に写実的で洞窟という暗い空間でよく火を灯しながら精巧に描いたなぁ」と思いました。当時のクロマニョン人は何を思ってこの壁画を描いたのかを考えると想像が広がります。
クロマニョン人は最古のホモ・サピエンスと呼ばれておりますが、同じ時期に絶滅していたネアンデルタール人と混血し、現在の人類はその双方のDNAを受け継いでいるのだそうです。



実は同じフランスにより古い壁画がある

ラスコー洞窟壁画はフランス南西部のヴェセール渓谷で犬と遊んでいた子供が1940年に偶然見つけたものです。しかし、実は同じくフランス南東寄りのアルデシュ県で洞窟学者によってショーヴェ洞窟壁画が1994年に発見されました。
こちらも年代測定を行ったところ、ラスコー洞窟壁画よりもさらに古い、約3万5000年前のものだと発覚しました。この地域は地質やプレートの関係上、壁画や彫刻が保存されやすいため、これほどまでに古い遺産が今も残るのですね(ちなみに、世界遺産が多い国はヨーロッパに集中している)。

Wikipedia-ショーヴェ洞窟- より引用

最近、さらに古い壁画がインドネシアで発見された

2014年、インドネシアで革新的な発見がありました。それが、現在、最古の洞窟壁画であり、最古の芸術作品とも言われるプレイスト洞窟壁画です。こちらも同じくウラン・トリウム年代測定法で測ったところ、約4万年前の壁画だとわかりました(論文はこちら)。

この発見は様々な意味において画期的で、
1. かつての人類(アフリカから世界中に散り散りになった)はインドネシアにも存在し、壁画を描く文化水準を持っていた(日本人の祖先の可能性がある)
2. 壁画の水準がヨーロッパのものと同じような水準であり、「芸術の起源はヨーロッパにある(どや」という論説が覆された
3. 当時、情報をやりとりする手段はなかったことから、ヨーロッパであれ、アジアであれ、ヒトはモノを描きたがるという生き物で、何も参考にしなかったら同じ水準の絵を描くということ
が分かりました。

Pleistocene cave art from Sulawesi, Indonesia (M.Aubert, et.al)より引用

2万年前、神は存在しなかった

当時の壁画を見ていると描かれる対象は動物や人に限られており、まだ神様のような存在は認識していなかったのではないかと推測します。そう考えると、現代の宗教が論理のベースにしている 「昔、神様が云々かんぬん…」という話は一体何なのか再考させられます。
また、国立科学博物館の「人類の進化展」でも記載がありましたが、昔の人類は様々な場所やホモ・サピエンスではないネアンデルタール人とも混血しているため、人種の違いというのは本来存在しないものだということは一考の余地があります。

参考URL

Fitbit charge 2 ハンズオン!(2ヶ月間ずっと使ってみた)

背景

最近、心拍がやけに高いという指摘を受け、心拍も睡眠も測れる wearable device を購入したいと思っていました。
調査をすると、jawbone up3 や sony smartwatch2 など心拍も睡眠も測れるデバイスが色々と発売され、さらにバージョンアップを重ねていることを知りました。
実は、jawbone up は初代から気になっていたのですが、やはり製品としての耐久力やアプリの使い勝手、電池の持ちなどを考えると買う一歩が踏み出せないまま今日に至っていたのです。

Amazonや海外のブログなどを調べているとどの製品もやはり接続の問題やデバイスの壊れやすさが指摘されていましたが、比較的好評価だったのが fitbit chargeでした。そのfitbit から新しいデバイスが出たばかりということで早速購入しました。

fitbit charge2 ハンズオン!

さて、fitbit charge2 ですが、さすが2万円というお値段だけにパッケージングおよび作りはしっかりしています。
特に箱の内蓋に磁石を使っているのが、メガネケースを開けるみたいで、UX的に気持ち良いです。

fitbit_charge2

fitbit charge 2

img_0864

気になるベルト部分ですが、こちらはベルトにセンサがついている jawbone upとは異なり、取り外しが可能です。これは耐故障性という面でよいですね!
気になる触り心地ですが、シリコンのような触り心地で、皮膚と接着する面はサラサラしています。
汗をかくと気になりそうですが、革(ましてや金属)のベルトなどと比べれば、あまり違和感はありません。

img_0872

↑充電器が割りとごつい感じになっていますが、これはしっかりと充電器と接続できる&画面を傷つけないようにするためのようです。
こうしたところにモノづくりの真剣さを感じます。

外観などはここで挙げたとおりですが、金額に見合っているかどうかは使い続けないと分かりませんので、これからしばらく使い続けてみたいと思います。
とりあえず、言えることは数々の wearable deviceを製造してきた fitbit の主力商品だけあり、初期動作やアプリに関しては完成度は高いということでしょう。
購入するかどうかは、どれほどこのデバイスの測定する運動や心拍、睡眠のデータに対してお金を払えるかというところでしょうか。

img_0867

追記: 2ヶ月使ってみた感想

上記の記事を書いてから、はや2ヶ月が経ったのですが、やはり動作は安定しています。
買う当初に気にしていた、着けた際の不快感は寒くなってきたこともあり、汗ばまないのでそこまで不快とは感じず、睡眠時も着けています(たまに外したくなることもある)。布団にfitbitが擦れる感覚はちょっと気になりますが、寝ながら着けていられるのは、シリコン製のサラサラしたさわり心地の良い点ですね。

2ヶ月使っての感想ですが、Fitbit の良さは実はアプリの方にあるんじゃないのかと最近、考えています。
例えば、Fitbitのアプリを起動して、着けている Fitbitと同期すると、記録したデータが以下のように表示されます。

fitbit_first_view

心拍(運動時はちゃんと120とか高い心拍数を記録している):
fitbit_heart

睡眠(寝始め – 起床 までの時間ではなく、寝返りの時間を差し引いて、実質の睡眠時間を記録):
fitbit_sleep

アプリを起動して動悸するまで時間が20秒くらいかかりますが、ちゃんとヘルスチェックできて良いです。
バッテリーは今のところ 4日くらいはもちそうです。ただ、過度にアプリと通信をしたりすると消耗するので、3日くらいで充電するのが良さそうです。